FC2ブログ
きなこ・さくらこ・えーす の暴れん坊日記
去年の動物病院通い(ざっくり編)
2018年02月16日 (金) | 編集 |
去年 動物病院に通った話を ざっくりと書いてみたいと思います。


まずは可愛い可愛い きなちゃん♪



去年の春に左目の異変(白濁)に気づいて 眼科専門医のところへ。

初めは白い目ヤニかな? と思っていたのですが
白い部分は角膜の線維化による白濁でした。

その他には、本来、血管が無い眼球部分にまで血管が広がり
眼球に肉腫を作ってしまう症状が表れてしまい
その進行を抑える治療(点眼)をしていました。

この時は薬で抑えられましたが
今年の1月の定期検診でまた血管と肉腫が見つかり
点眼による集中治療をしています。

今後もこの症状とはうまく付き合っていかなければならないので
日常的な対処法としてはサプリメントで免疫を上げてウイルスに悪さをさせない。
それでも負けてしまう時は点眼(インターフェロン入り)で対処していきます。



IMG_0073_20180214_1_2kina.jpg

きなちゃん、本当によく頑張っています!




お次は えーすくん。

IMG_0097_20180214_1_1ace.jpg

去年、トイレに何度も入っては出て、入っては出て
叫んでトレイに入って、また出て、入ってまた出てを繰り返していたので
病院に連れていったところ、診断は膀胱炎。

抗生剤と止血剤を処方され、飲んで2~3日するとトレイも落ち着いてきます。

ですが薬を飲まなくなって1ヶ月も経つと
またトイレに入ったり出たり叫んだりという状況になり
病院では「まだ治ってないですね」ということで またもや抗生剤。

エコーなどの検査で尿道がかなり細いということもわかり
膀胱炎になりやすいということでした。

(で、この2回目までの通院では若い男の先生が診てくれていました。)

でもやっぱり薬が終わるとまた「トイレで叫ぶ君」になるので
これはどういうことかと。
なんで?どうなってんの?

と、3回目は別の先生(若い女の先生)に診てもらい
抗生物質が効いていないことがわかりました。
もしかしたら耐性が出来てしまったかもしれないとのこと。

尿も調べてもらって、シュウ酸カルシウムということがわかったので
まずは療養食(ロイカナのゼロ)に切り替えて様子を見ることにしました。

次の診察でもうちょっとはっきりするといいんだけど・・・。


IMG_0088_20180214_1_2ace.jpg


ここ1年の間で長年いた先生達がバタバタと辞めていき(開業するため)
新人先生が3人ほど入ってきました。
ちょっと診たてが・・・ね(^^;)
不安なのよ、いろいろ。





そんな中、さくちゃんは元気!元気!

IMG_0116_20180214_1_1saku.jpg

生まれつきの体質じゃないかと言われていた肥満細胞腫も
ここ最近はまったく出ていません。

以前は耳、頭頂部、鼻など一度出た場所には繰り返し出ていたのですが
サプリメント効果なのか?良い状態で免疫力を維持できているのだと思います。

たまにクシャミはするけどね!(笑)


IMG_0117_20180214_1_2saku.jpg

こんな感じで きなちゃんとえーすは現在進行形です。




乙女で~す。ありがとね♪
ブログ訪問&応援ポチありがとうございます♪



スポンサーサイト